(オランダ)[2002/4/30]

IUCNの環境法センターが取り組むカルタヘナ議定書の説明ガイドのドラフトが、先週開かれたカルタヘナ議定書第3回 政府間会合のサイドイベントにて、100名以上の参加者に紹介されました。このドラフトは、国際環境法・開発基金と世界資源研究所とが協力して作成したもので、ほぼ成案に近いものです。 カルタヘナ議定書のガイドは、同議定書の履行に関る者、とりわけ国内の生物安全保障の枠組みの開発に関る者が、カルタヘナ議定書の理解を容易にはかれることを目的として作成されました。カルタヘナ議定書は、遺伝子組み換え生物の国境を越える移動が生物多様性に与える悪影響を防止するために国際的枠組み等を規定するものです。