(インドネシア)[2002/6/4]  

IUCNの教育コミュニケーション委員会(CEC) はこのほど、「持続性と環境教育:世界の問題に対処する」を出版しました。インドネシアのバリ島で開かれている持続可能な開発に関する世界首脳会議の準備会合 で発表されたこの出版物は、地域住民が自発的に持続可能な未来作りをしていくように働きかけている人々の活動を紹介しています。その活動内容はさまざまですが、古くからあるその土地固有の自然と共存してきた伝統的生活様式の大切さやその方法を地域住民の中で復活させていくといった事例が紹介されています。
 CECのDaniella Tilbury委員長は、この本は世界各地の教育者が得た経験や知識を共有する場をあたえる目的で出版したと述べました。 CECは、今後も持続性に環境教育が不可欠だとの考えを推進していきます。 最近では、「持続可能な開発に関する環境教育のありかた」という議題でインターネット上でのディベートが行われました。
このディベートについてはこちら