(IUCN スイス)[2004/6/18]

2004年11月、IUCNメンバーは、タイのバンコクで世界自然保護会議を開き、様々な重要な議題とともに、今後4年間にわたるIUCNのプログラムを検討し、決定する。

この1年半、IUCN事務局や専門委員会は、IUCN会員やパートナー、資金提供者とプログラムの立案のため、広範囲に亘る活動をおこなってきた。計画は、全ての地域プログラム、専門委員会プログラム、地球規模プログラムに対して準備されている。

IUCNプログラム2005-2008は、2000年のアンマン世界自然保護会議で承認されたプログラム2001-2004の枠組みに基づいている。文書で示された方向性は、生物多様性の保全と持続可能な開発における緊急の課題や傾向とこれまでに得られた教訓を考慮した上で、洗練され、再度焦点が当てられたものである。