国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)の協力事業のご案内です。

メコン河はチベット高原に源流を有し、中国の雲南省、ビルマ(ミャンマー)、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを抜けて南シナ海へと流れる国際河川です。全長約4800km、流域面積は日本の国土の2倍以上で、世界有数の生物多様性の豊かさを誇ってきました。1,200種以上の魚が確認され、世界最大級の淡水魚メコンオオナマズやカワイルカも生息しています。メコン河流域の生き物の豊かさが、人々の生活の豊かさを支えてきました。

第2回では、メコン・ウォッチの木口由香が、多様な河川利用を紹介しつつ、 メコン流域の自然環境とそれに依存する人びとの生活、メコン河開発に伴い最近起きているその変化についてご紹介します。さらにリバーリバイバル研究所の新村安雄さんより、日本の原風景、また多くの希少生物の生物場所として注目を集めている水田生態系とメコン河についてお話を頂きます。

コメンテーターには、レスポンスアビリティの足立直樹さんをお迎えします。皆様、奮ってご参加ください。

イベント概要

連続セミナー「人々の生物多様性」第2回水域と人々の暮らし~メコン河開発と日本

日時:
2009年10月15日(木) 14:00~16:30
場所:
環境パートナーシップオフィス(EPO)住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
主催:
国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、メコン・ウォッチ
協力:
IUCN日本委員会、WWFジャパン アース・ビジョン組織委員会、アジア太平洋資料センター(PARC) 、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、環境を考える経済人の会21(B-LIFE21) 、コンサベーション・インターナショナル、サステナビリティ・コミュニケーション・ネットワーク(NSC) 、サステナビリティ日本フォーラム 、市民外交センター、生物多様性条約(CBD)市民ネットワーク、日本環境ジャーナリストの会(JFEJ) 、日本国際ボランティアセンター、日本消費者連盟、 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会(NACS) 、フェアウッド・パートナーズ、ラムサール・ネットワーク日本
参加費:
1,000円(主催団体の会員およびサポーター、協力団体のスタッフおよび会員は無料)  事前登録必要

申込方法:申し込みフォームから(推奨)。

または、下記ご記入の上、地球・人間環境フォーラムまで、E-mail(event(a)gef.or.jp)または ファックス(03-3813-9737)でご送付ください。  

  • ・ご氏名
  • ・ご所属(会社名など)
  • ・部署
  • ・Tel
  • ・Fax
  • ・E-mail
  • ・希望する回:(例:第3回 等)
  • 問い合わせ先

  • 地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼(いいぬま))
  • TEL.03-3813-9735 FAX.03-3813-9737 E-mail: event(a)gef.or.jp

  • 国際環境NGO FoE Japan/メコン・ウォッチ(担当:満田(みつた)
  • TEL: 03-6907-7217 FAX: 03-6907-7219


    第3回の申し込みも受け付けています。

  • 第3回:特別セッション「消える熱帯林はどこへ?インドネシアから日本へのメッセージ」
  • 日時:2009年11月12日(木) 昼・夜二部制
  • 場所:総評会館(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
  • 参加費:一部1,000円(主催団体の会員およびサポーター、協力団体のスタッフおよび会員は無料)事前登録必要