10月10日(土)、国内の様々な「COP10 1年前イベント」先駆けて、IUCN-J主催シンポジウム「ポスト2010年目標とアジアビジョン」が開催されました。

国連大学のウ・タントホールは、250名を越える参加者があつまり、アーメッドジョグラフ生物多様性条約事務局長やジェフリー・マクニーリーIUCN上席科学顧問など国内外のキーパーソンから、ポスト2010年目標に関する提案や意見が出されました。

会議の成果は共同議長である、吉田正人(IUCN-J会長)とジェフリー・マクニーリ(IUCN上席科学顧問)によってまとめられ、翌日のCBD市民ネット主催イベントや神戸生物多様性国際対話に発信する予定です。

今後、プレシンポジウムとシンポジウムの情報を随時報告していきます。。

イベント概要

生物多様性条約1年前プレシンポジウム
~生物多様性ポスト2010年目標とアジアビジョン~

日時:
2009年10月10日(土)10時~17時半(9時半受付開始予定)
場所:
国連大学 ウ・タント国際会議場
主催:
国際自然保護連合 日本委員会
共催:
日本自然保護協会、WWFジャパン、日本野鳥の会、日本経団連自然保護協議会、 生物多様性JAPAN、コンサベーションインターナショナルジャパン、バードライフアジア
協賛:
国連大学
後援:
外務省、環境省、生物多様性条約市民ネットワーク