20161030 ちらし専門家暫定版うなぎ未来会議2016シンポ2丑の日のたび、蒲焼きと“絶滅危惧“という言葉が食卓にのるようになりました。

ところで、絶滅のリスクって、誰がどんなふうに判定しているのでしょうか?情報の不足と散在。うなぎを取り巻く問題は複雑で、にょろにょろと とらえどころがありません。
このままでは、うなぎの未来は逃げていってしまいます。この状況を変えるため、専門家と市民が議論を交える場をつくりました。


◆市民パネルには、小学生・高校生をふくむ60代までの男女が全国各地から集まります。公募による9名の議論を、ファシリテーターがサポートしていきます。
◆本シンポジウムは、IUCNレッドリストのための評価会議をふまえて、会場の皆さんと議論を深める集まりです。事前に行われる評価会議も傍聴可能です。
はたして、うなぎが絶滅しない未来は見つかるか!?


シンポジウム
日時:2016年10月30日(日)14:00から17:00
会場:中央大学後楽園キャンパス 5号館5533号室
主催:日本自然保護協会、中央大学研究開発機構、北里大学海洋生命科学部、ロンドン動物学会
後援:IUCN日本委員会

<プログラム>
開会挨拶 築山修治(中央大学 研究開発機構長)
オープニングスピーチ Matthew Gollock(ロンドン動物学会)
第一部:評価会議の報告
ニホンウナギの個体群動態 山川 卓(東京大学)
ニホンウナギが直面する危機 吉田丈人(東京大学)
現在の対策 白石広美(トラフィック )
市民パネルからの意見と提言(市民パネル代表者)
第二部:総合討論「保全と持続的利用のために、いま、何をなすべきか」
閉会挨拶 志村智子(日本自然保護協会 自然保護部長)
詳細は、下記サイトをご参照ください。
http://www.nacsj.or.jp/katsudo/kasen/2016/10/post-15.html
https://c-faculty.chuo-u.ac.jp/blog/eelunit/joins

カテゴリ: NEWS