国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)は、10月24日(水)に環境省中部地方事務所第一会議室にて、生物多様性条約に関するメディア向けの勉強会を開催します。

歴史的な成功をおさめた生物多様性条約第10回締約国会合(CBD-COP10)から8年が経過し、2020年までの国連目標とされた愛知ターゲットの評価まで後2年と迫りました。現在、生物多様性条約では、2020年までの愛知目標達成に向けた行動の促進と、ポスト愛知目標の議論が始まっています。愛知ターゲットは国連持続可能な開発目標に組み込まれるなど、8年間の中で生物多様性条約は様々な展開を見せています。しかし、条約自体は、自然保護から社会・経済(遺伝資源の利活用と配分)までを網羅するなど幅広くプロセスも複雑で、一度流れを見失うと、最新動向のキャッチアップがとても難しい条約です。

そこで、生物多様性条約とはどんな条約かを学びつつ、世界の最新の動きについて、COP9以降の全COPと準備会合(SBSTTA)にNGOとして出席している専門家が紹介します。

詳細

日時:10月24日(水)午後3時~ 2時間程度

会場:環境省中部地方環境事務所 第一会議室

主催:国際自然保護連合日本委員会

協力:名古屋市東山動植物園、環境省中部地方環境事務所、(一社)なごやメディア研究会

協賛:リゾートトラスト株式会社

定員:30名(定員に達し次第、締切)

対象:愛知県・名古屋市のメディア関係者 (環境省中部地方事務所、愛知県庁、名古屋市、NGO関係者も参加可)

参加費:無料 

申込方法:受付を終了しました!

 

カテゴリ: NEWS

国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)と 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)の共催で、10月2日(火)に国際自然保護連合(IUCN)70周年を記念して、シンポジウム「自然を基盤としたSDGsの達成~日本から世界に発信する新しい協働~」を開催しました。

SDGsの達成を確かなものとするためにポスト愛知の議論も始まる中、IUCNが提唱する自然を基盤とした社会課題解決(Nature Based Solution)とSDGs達成を両輪のものとして提案すると同時に、IUCNも重視する協働の促進を参加者と共有しました。

第一部では70年間の歴史の中で、IUCNがこれまでに生み出してきたツール・保全手法・仕組みを紹介し、IUCNの果たしてきた役割の大きさや強みを紹介します。第二部では、IUCN加盟団体による活動事例の紹介や、IUCN事務局長のインガー・アンダーセン氏による、IUCNプログラム2016-2020や、SDGsに向けた動き、SDGs(2030)の先に向けたビジョンについての講演がありました。詳しい報告はにじゅうまるプロジェクトページにアップでき次第、お知らせいたします。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

<シンポジウム概要>

自然を基盤としたSDGsの達成 ~日本から世界に発信する新しい協働~

日時

2018年10月2日(火)

シンポジウム:13:00~17:30

交流会:18:00~(1人2000円、学生無料)

会場

国連大学エリザベスローズ国際会議場

(アクセス 渋谷駅 徒歩10分、地下鉄表参道駅B2出口 徒歩5分)

コンテンツ

① 第一部 タイトル 「IUCNのレガシー」 13:00~14:30

■基調講演 吉田正人氏(IUCN-J2020 準備会共同代表)

■鼎談 吉田正人・鳥居敏男(環境省審議官)・石原博(経団連自然保護協議会)

・ファシリテーター 井田徹治(共同通信)

② 第二部 タイトル 「自然を基盤としたSDGsソリューション」 15:00~17:30

■IUCNのSDGsに向けた取り組み インガ―・アンダーセン氏(IUCN事務局長)

■IUCN加盟団体・UNU-IASによる取り組み事例の紹介

1.名取洋司(CIジャパン) 「自然資本・自然資本プロトコル」

2.岩橋大悟(日本自然保護協会) 「企業連携による絶滅危惧種保全・地域づくり貢献型調達」

3.安藤よしの(ラムサール・ネットワーク日本) 「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト これまでの成果とポスト2020行動計画作り」

4.増田大美(UNU-IAS) 「持続可能な開発のためのガバナンス」

■パネルディスカッション 日本から世界に発信する新しい協働

・モデレーター 星野智子(GEOC)

③交流会 18:00~

 

<主催>

国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J) 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

<共催>

野生生物保全論研究会、日本野鳥の会、ラムサール・ネットワーク日本、国立環境研究所、日本自然保護協会、 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン、地球環境パートナーシッププラザ

<協力>

環境省

<後援>

ESD活動支援センター

<協賛企業>

リゾートトラスト株式会社

(「このシンポジウムは、(独)環境再生保全機構地球環境基金と経団連自然保護基金の助成を受けて開催しました。)

カテゴリ: NEWS
2015
記事数:
3
2014
記事数:
5
2013
記事数:
4
2012
記事数:
7
2011
記事数:
15
2010
記事数:
9
2009
記事数:
12
2008
記事数:
2
2007
記事数:
3
2006
記事数:
13
2005
記事数:
16
2004
記事数:
34
2003
記事数:
19
2002
記事数:
23