国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)と 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)の共催で、10月2日(火)に国際自然保護連合(IUCN)70周年を記念して、シンポジウム「自然を基盤としたSDGsの達成~日本から世界に発信する新しい協働~」を開催しました。

SDGsの達成を確かなものとするためにポスト愛知の議論も始まる中、IUCNが提唱する自然を基盤とした社会課題解決(Nature Based Solution)とSDGs達成を両輪のものとして提案すると同時に、IUCNも重視する協働の促進を参加者と共有しました。

第一部では70年間の歴史の中で、IUCNがこれまでに生み出してきたツール・保全手法・仕組みを紹介し、IUCNの果たしてきた役割の大きさや強みを紹介します。第二部では、IUCN加盟団体による活動事例の紹介や、IUCN事務局長のインガー・アンダーセン氏による、IUCNプログラム2016-2020や、SDGsに向けた動き、SDGs(2030)の先に向けたビジョンについての講演がありました。詳しい報告はにじゅうまるプロジェクトページにアップでき次第、お知らせいたします。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

<シンポジウム概要>

自然を基盤としたSDGsの達成 ~日本から世界に発信する新しい協働~

日時

2018年10月2日(火)

シンポジウム:13:00~17:30

交流会:18:00~(1人2000円、学生無料)

会場

国連大学エリザベスローズ国際会議場

(アクセス 渋谷駅 徒歩10分、地下鉄表参道駅B2出口 徒歩5分)

コンテンツ

① 第一部 タイトル 「IUCNのレガシー」 13:00~14:30

■基調講演 吉田正人氏(IUCN-J2020 準備会共同代表)

■鼎談 吉田正人・鳥居敏男(環境省審議官)・石原博(経団連自然保護協議会)

・ファシリテーター 井田徹治(共同通信)

② 第二部 タイトル 「自然を基盤としたSDGsソリューション」 15:00~17:30

■IUCNのSDGsに向けた取り組み インガ―・アンダーセン氏(IUCN事務局長)

■IUCN加盟団体・UNU-IASによる取り組み事例の紹介

1.名取洋司(CIジャパン) 「自然資本・自然資本プロトコル」

2.岩橋大悟(日本自然保護協会) 「企業連携による絶滅危惧種保全・地域づくり貢献型調達」

3.安藤よしの(ラムサール・ネットワーク日本) 「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト これまでの成果とポスト2020行動計画作り」

4.増田大美(UNU-IAS) 「持続可能な開発のためのガバナンス」

■パネルディスカッション 日本から世界に発信する新しい協働

・モデレーター 星野智子(GEOC)

③交流会 18:00~

 

<主催>

国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J) 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

<共催>

野生生物保全論研究会、日本野鳥の会、ラムサール・ネットワーク日本、国立環境研究所、日本自然保護協会、 コンサベーション・インターナショナル・ジャパン、地球環境パートナーシッププラザ

<協力>

環境省

<後援>

ESD活動支援センター

<協賛企業>

リゾートトラスト株式会社

(「このシンポジウムは、(独)環境再生保全機構地球環境基金と経団連自然保護基金の助成を受けて開催しました。)

カテゴリ: NEWS

 

10月14日~16日に、石川県にて日中韓IUCN会員会合を開催しました。テーマは「生物文化多様性」と「次世代(ユース)育成」、国連大学 サステイナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティングユニットとの共催で実施しました。

 

14日(土) エクスカーション

輪島市三井町で地域に根差しながら生物文化多様性保全活動を行っているまるやま組や、世界農業遺産に登録されている白米千枚田を見学しました。

 

15日(日) 午前:導入プログラム

各参加者がどのような活動をしているかを把握し、今後の連携の機会とするために、参加者全員が活動紹介プレゼンテーションを行いました。

15日(日) 午後:一般公開フォーラム

「生物文化多様性を次世代が継承するために‐東アジアの連携を考える」をテーマとし、石川県・日中韓の登壇者を招き一般公開フォーラムを開催しました。活動紹介は2部制とし、ユースと通常の活動を分けて開催しました。

15日(日)おりがみアクション

おりがみを折りながら生物多様性について考える「想いでつなごう、おりがみアクション」を、リゾートトラスト株式会社様のご協力の下、石川県でも開催しました。午前中はしいのき迎賓館、午後は一般公開フォーラムの会場で実施しました。里山保全に寄与する竹紙おりがみを使用して、絶滅危惧種に指定されている動物などを折りながら、生物多様性・環境に配慮した行動について考えました。

16日(土) 日中韓IUCN会員会合

2020年までの国際的なイベントの確認・日韓でのCOPに向けた当時の準備状況・中国でのCOP15に向けた準備状況などの共有を行いました。その後、日中韓での2020年に向けた活動を模索するグループワークを行い、内容を検討しました。会議の内容は会議サマリーとして明文化され、会議サマリーの文言についても会議中に検討を行いました。

会議サマリーはこちらからどうぞ(英語)

当催事は協賛:リゾートトラスト株式会社、助成:平成29年度地球環境基金・経団連自然保護基金のご支援を頂き実施しました。

 

The Second IUCN Tripartite Partnership Meeting (ITPM) report

The Second IUCN Tripartite Partnership Meeting (ITPM) was held in Kanazawa, Ishikawa, Japan on 14th-16th of Oct., 2017. The theme was “Bio-cultural diversity” and “Promoting capacity building for youth”. The meeting was hosted by IUCN-J and United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability Operating Unit Ishikawa/Kanazawa(UNU-IAS OUIK).

 

14th of Oct. (Sat) , 2017  Excursion

The participants visited “Maruyama Gumi” which organization conserves the local bio-cultural diversity in Mii-cho Wajima-shi. Also, they visited “Shiroyone senmaida”(Traditional Terraced Rice paddy) which is registered as Globally Important Agricultural Heritage Systems(GIAHS).

15th of Oct (Sun) , 2017  Introductory meeting

In order to knowing each other, the participants made presentation of their activities.

15th of Oct. (Sun) , 2017  The public Forum

The public forum was held with the participants of the ITPM and local participants from Ishikawa. The theme was “Conserving Bio-cultural Diversity for Future Generations-Partnership among East Asian Countries-“. It was divided into two parts, one was for adults, and the other was for youth.

15th of Oct. (Sun) , 2017 Let’s Origami Action!

“Let’s Origami Action!” was also took place in Ishikawa with support from Resorttrust,Inc,. This event aims to give all people an opportunity to think about your relations to biodiversity. The participants made endangered species animals by Origami and think about what they should do for biodiversity. The Origami was made from Japanese bamboo and it contributes to conservation of SATOYAMA. 

16th of Oct (Mon) , 2017  The Second IUCN Tripartite Partnership Meeting

Several presentations were made as background information for the group discussion. Then participants broke into four groups and discussed on potential collaboration among South Korea, Japan and China on actions towards the year 2020 and beyond. The groups reported back on their discussions. The presentations and group discussions were summarized in the summary paper.

The summary paper can download from here

The event was supported by Resorttrust,Inc, The Japan Fund for Global Environment of the Environmental Restoration and Conservation Agency, Keidanren Nature Conservation Fund.

 

カテゴリ: NEWS
2015
記事数:
3
2014
記事数:
5
2013
記事数:
4
2012
記事数:
7
2011
記事数:
15
2010
記事数:
9
2009
記事数:
12
2008
記事数:
2
2007
記事数:
3
2006
記事数:
13
2005
記事数:
16
2004
記事数:
34
2003
記事数:
19
2002
記事数:
23