新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより人類は未曾有の危機に陥っています。
日本国内で、最初のCOVID-19の感染例が確認されてからちょうど1年を迎えた2021年1月15日に、人と動物の医療や公衆衛生、環境保全に携わる機関・団体は、次なるコロナを防ぐため、「人と動物、生態系の健康はひとつ、ワンヘルス共同宣言」(リンクPDF)を発表しました。

COVID-19を含む新興感染症発生増加の背景には、森林破壊や農業の拡大といった環境破壊があると考えられています。環境破壊が進んだ過去50年間に、新たな人獣共通感染症(人と動物の共通感染症)の発生頻度は高まり、毎年3~4つの新興感染症の発生が確認されています。その多くが、自然破壊に伴い接触機会が増えた、野生動物に由来にすると指摘されています。

次のパンデミックを防止し、人や動物が健康に、そして自然と共に生きられる社会を実現していくためには、予防的アプローチである「人」「動物」「生態系」の健康をひとつと考え、これを守っていく、ワンヘルス(One Health)の実現が必要不可欠です。

この共同宣言では、12団体が、ワンヘルスの構成要素である3つの健康を守るため、それぞれの立場、分野の垣根を超えて、ワンヘルスにかかる課題や知見を共有し、次のパンデミックを防ぐために連携して取り組む意志を明らかにしています。

また、企業、団体、自治体、そして個人に宣言を周知し、さらに日本政府との対話を通じて、政策の強化や取り組みの拡大などの推進を図っていきます。

発表日:2021年1月15日15:00発表

 

 

We Love You Planet! -ひびけ!惑星に。

 

IUCNの歌「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」を紹介します

国際自然保護連合日本委員会では、住友生命保険相互会社の助成を受け、日本を代表するシンガーソングライターであり、IUCN国際自然保護連合の歴史上初の親善大使であるイルカさんと協働で、IUCNの歌「We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。」を作りました。

この歌は、堀江正彦IUCN地域理事の提案のもと、人間も含めた地球上の生命のつながりの大切さや、そのつながりを守り、次世代に引き継いでいくために活躍している世界最大の自然保護ネットワークである「IUCN国際自然保護連合」をより広く知ってもらうために作られました。

是非お聞きください。

Amazing Species

IUCN 国際生物多様性年記念イベント
「素晴らしき生きもの達」