IUCN-Jの活動について

IUCN-Jでは、これまで、IUCN(国際自然保護連合)に正式に認められた国内委員会として、「レッドリスト」や「保護地域」・「世界遺産」などIUCNの活動やニュースなどを日本語に訳し、ウェブサイトで情報発信をしてきました。

これまで行ってきた情報発信に加え、2010年10月に開催された生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)の成果を踏まえて、さらなる取り組みを行っていくこととなりました。

IUCNに加盟している日本を代表する自然保護団体は、CBD-COP10後から何度も協議を重ね、①「国連生物多様性の10年」への参加と②愛知ターゲットの実現に向けた取り組み、そして継続的な③生物多様性条約での情報収集と発信、を、2020年までのIUCN-Jの取組むべき方向性と決め、活動を拡大する予定です。

国連生物多様性の10年

2011年から2020年を、国連では「国連生物多様性の10年」と定め、CBD-COP10で定められた「生物多様性条約戦略計画(2011-2020)」および愛知ターゲットの達成を推進することが決められました。

IUCN-Jでは、国連生物多様性の10年の普及に協力するために、公式サイトの情報を日本語で紹介しています。

国連生物多様性の10年を詳しく知りたい方はこちら

愛知ターゲット実現に向けた取り組み

愛知ターゲット実現に向けた取り組みを準備しています。愛知ターゲット実現化事業((仮称)にじゅうまるプロジェクト)は愛知ターゲットの実現に向けた活動を宣言していく参加型活動をめざしています。現在、IUCN加盟団体や、CBD-COP10に関わった多くの市民団体と協力しながら企画を進め、正式な立ち上げを2011年10月に予定しています。

愛知ターゲットワークショップ

 

生物多様性条約に関する情報収集と発信

IUCN-Jでは、2006年から生物多様性条約や国家戦略に関するセミナー、シンポジウム、ウェブ、ブログ等での情報発信をしてきました。

<2011年の活動>

第1回生物多様性国家戦略改定に向けたNGO意見交換会の報告 (提言などを更新しました)

第2回生物多様性国家戦略改定に向けたNGO意見交換会の報告 (提言などを更新しました)

第3回生物多様性国家戦略改定に向けたNGO意見交換会の報告 (提言などを更新しました)

生物多様性条約解説冊子

1992年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された環境と開発に関する国連会議(通称:地球サミット)で、気候変動枠組み条約と共にうまれたのが、生物多様性条約(Convention on Biological Diversity)です。

CBD

2008年に作成した生物多様性条約の解説冊子「地球に生きる生命の条約」を大幅にリニューアルしました。*この冊子は平成23年度地球環境基金の助成を受けて作成されました。

ご希望の方には、送料負担で無料配布しています。

 











    必要部数が15部以下の場合
  • 角形2号(A4サイズ(297mm×210mm)のパンフレットが入る大きさ)の封筒に下表の金額の返信用切手を貼ったものと、[1]「CBD小 冊子送付希望」、[2]氏名、[3]電話・FAX番号、[4]必要部数、[5]使用目的(今後の広報資料作成の際の統計をとるため)を記載した紙を同封し てお送りください。
  • 返信用封筒には送り先の住所と氏名を記載してください。

封筒の送付先

〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F 日本自然保護協会内
国際自然保護連合日本委員会 宛

    必要部数が16部以上の場合
  • 郵便小包又は宅配便の料金着払いにより送らせていただきます。
  • この場合、[1]送り先の住所・郵便番号、[2]氏名、[3]電話・FAX番号、[4]必要部数、[5]使用目的(今後の広報資料作成の際の統計をとるため)をご記入の上、電子メール(mailアットマークiucn.jp)にてご連絡ください。
  • 電子メールの件名は「CBD小冊子送付希望」と明記してくださいますよう、お願いいたします。

希望部数の多い場合には事前にご相談させていただきます。また、発送作業に時間がかかるおそれがあります。あらかじめご了承ください。

冊数 1~3冊 4~6冊 7~14冊 15冊以上
切手代 180円 210円 290円 小包扱い(着払い)