IUCN日本委員会では、主な事業としてこれまで、IUCN(国際自然保護連合)に正式に認められた国内委員会として、「レッドリスト」や「保護地域」、「世界遺産」などIUCNの活動やニュースなど最新の情報、また定期的に開催される自然保護に関係する多様なテーマを取り扱う国際会議に出席し会議内容を、日本語に翻訳、ウェブサイトでの情報発信を通して、世界と日本の橋渡しを行ってきました。

それ以外にも、2010年10月に開催された生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)以降は、そこで定められた生物多様性を守るための国際条約「愛知ターゲット」達成を目指し、「愛知ターゲット」の普及啓発を「にじゅうまるプロジェクト」として実施しています。

「レッドリスト」などの情報翻訳と発信

半年に一回更新される「レッドリスト」や「保護地域」、「世界遺産」などIUCNの活動やニュースなどの情報の翻訳や発信を行っています。近年だと日本の食文化と関係の深い「ウナギ」が「レッドリスト」に掲載され消費者の関心を集めました。
 

国際会議の場で議論されている最新課題、解決策などの国際動向を伝えます

「世界の動きを常に把握し、世界の動きにそって、日本の保全活動を推進していく」ことを目的として、専門のスタッフがIUCN世界自然保護会議(IUCN-World Conservation Congress)やIUCNアジア地域自然保護フォーラム(IUCN Asia Regional Conservation Forum)に出席するほか、注力をしている生物多様性条約に関しては、締約国会議(CBD-COP:Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity)や、その関連会合である生物多様性条約科学技術助言補助機関会合(SBSTTA:Subsidiary Body on Scientific, Technical and Technological Advice)といった関係する国際会議へ参加し、会議の決議内容等の情報収集、及び発信を行っています。

愛知ターゲットの達成に向けた取り組み

240100 32010年に、生物多様性を守るため、生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)にて採択された、20の目標から出来ている「愛知ターゲット」の達成に向けた取り組みを実施しています。
詳細【愛知ターゲットの達成に向けて】

「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」への運営に参加

国連は2011年から2020年までの10年間を、「国連生物多様性の10年」と定めました。この期間は、生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)で定められた「生物多様性条約戦略計画(2011-2020)」、および愛知ターゲットの達成を推進することが定められています。これを受け地方公共団体、事業者、国民および民間の団体など、あらゆるセクターの参画、連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取り組みを推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」が2011年9月に設立されました。
IUCN日本員会は、UNDB-Jの委員として関わっており、特に、UNDB-Jが推奨する連携事業(UNDB-J認定連携事業)を認定する取り組みについてはUNDB-JのIKI・TOMO推進事務局としてその事務運営を担っています。

「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」と連携した普及啓発

キャプチャ IUCN日本委員会では、UNDB-Jが実施している個人の生物多様性保全に向けた行動を促進する「MY行動宣言」を、UNDB-Jと連携して国内で普及しています。「MY行動宣言」は「ふれよう」「たべよう」「えらぼう」「まもろう」「つたえよう」という5つのアクションからなり、気軽に実施可能な切り口から個人が生物多様性の保全に取り組めるようになっています。
IUCN日本委員会では、これらの内容を教育展示施設や児童施設などに来る子どもを対象とした内容に編集し「MY行動宣言シート」教育展示施設版を作成しました。また宣言シートのほか、イベントで活用できる、解説用冊子、紙芝居、ポスター、シール台紙なども作成し、どなたでも活用ができるようデータを公開しています。これらのツールはIUCN日本委員会の会員でもあり、UNDB-J委員の公益社団法人 日本動物園水族館協会と連携し国内の動物園、水族館、植物園での活用が進んでいます。それ以外にも博物館・科学館・図書館や児童館・学童施設など多様な施設でも活用頂いています。
データのダウンロードはこちらをご覧下さい→http://undb.jp/action/ (UNDB-Jのページへ移動します)