国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)の後援事業のご案内です。

2010年は国連の提唱する国際生物多様性年にあたり、また愛知県名古屋市において生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)が開催される年でもあります。COP10では世界の生物多様性と生態系を保全、管理、再生していくための長期的戦略が話し合われることになっています。この国際シンポジウムでは、そうした長期的戦略を考えるための前提となる、環境変動に対する生態系の回復力や、生態系のもつさまざまな恵み(生態系サービス)をどう評価し、自然と調和した持続可能な社会の構築にどう結びつけていくかについて、この分野の第一線でご活躍の方々に講演をいただきます。また、パネル討論では、日本の里地里山に見られるような伝統的に維持されてきた人間・自然関係を再評価し、現代の持続可能な社会システムとして再構築する方策など、具体的な生物多様性・生態系保全のあり方を多面的に検討します。

皆様、奮ってご参加ください。

イベント概要

生物多様性とサステイナビリティ-自然と調和した社会をつくる-

日時:
2010年2月27日(土) 13:30-17:00 (開場13:00)
場所:
東京大学 安田講堂 
主催:
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)
共催:
生物多様性条約事務局
   
協賛:
日本経済新聞社
   
後援:
環境省、国際連合大学サステイナビリティと平和研究所・高等研究所、日本経済団体連合自然保護協議会、日本生態学会、日本造園学会、IUCN日本委員会、WWFジャパン
   
参加費:
無料
       

申込方法:

参加ご希望の方は、下記のページからお申し込みください。受講券メールを先着順にて事務局より発送されます。なお、定員になり次第、締め切らせていただきます。  

  • IR3S公開シンポジウム
  •    

    問い合わせ先

  • IR3S公開シンポジウム事務局
  • 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10笠原ビル(日経PR内)
  • TEL:03-6812-8695 e-mail: